HOME | パートナーご紹介

ご一緒させていただいているみなさま

パートナーのみなさま × モカプロ = ◯◯◯

こちらでは、日頃ご一緒させていただいているみなさまをご紹介いたします。旭川を中心に北北海道エリアでご活躍のみなさまとご一緒できることへ感謝です。モカプロはがんばっているみなさまの姿や声を世界に向けて発信しているのです!

img20191208180624247801.png img20191203154910858521.png

旭川電気軌道株式会社 様

”モカバス”運行中!

旭川市内の路線バス・都市間バス・貸切バスを運行されているバス会社様です。旭川四条駅界隈のご近所というご縁もあってご一緒させています。最上奏音には「運輸課広報係り」という役職を頂戴していて、広報活動に参加させていただいています。
 
公式サイトはこちら

ポリテクセンター旭川 様

求職者・在職者・事業主みんなに役立つ施設!

旭川市永山の職業訓練、スキルアップ研修、社員教育支援などを行う能力開発促進施設がポリテクセンター旭川です。充実の施設と取り組みをPRすべく「ハロトレ推進委員 副委員長」の肩書きをいただき広報活動に参加させていただいています。
 
公式サイトはこちら

社団法人旭川物産協会 様

旭川と近郊でとれたてた選りすぐりの商品をご紹介!

リード文を入力します。

国内及び海外での展示会・物産展への出品・出展をはじめ、道北・オホーツク圏の特産品紹介・宣伝や取引の斡旋を目的に活動されている旭川物産協会さん。2019年の商品カタログではモカプロとのコラボデザインで制作していただきました。
 
公式サイトはこちら

株式会社ほくみん 様

北海道のお土産品卸販売専門店!

現在発売中の「あさひかわチーズ蒸しケーキ」販売もとの企業様です。アイヌ文様を取り入れ現代風にアレンジしたアイヌ帆布小物シリーズや、北海道新幹線商品など幅位広いラインナップをお持ちのお土産のスペシャリスト!「旭川チーズ蒸しケーキ」のデザイン制作にあたっては、中村印刷株式会社様にも大変お力添えいただきました。
 
公式サイトはこちら

中小企業大学校旭川校 様

中小企業の人づくりに心強い味方!

国の中小施策の一環として行われる人材支援事業に取り組む中小企業大学校では、充実した滞在型研修にふさわしい研修環境を整えています。旭川校の研修受講だけでなく、社内会議や社内研修、会合などでも利用できる施設です。利用者の声をまとめた紹介動画に参加させていただきました。参加のきっかけを作ってくださった北海道録画センター様にも大感謝です!

あさひかわ若者サポートステーション 様

「働く準備運動」ができる場所!

あさひかわ若者サポートステーションは若者の職業的自立を支援する、厚生労働省の事業です。幅広いネットワークと多様な就労支援メニューを提供してくれる”サポステ”のアンバサダーとして広報活動に参加させていただきました。

ベルコ会館 様

「最後のお別れ」をお手伝いするスタッフ募集のお手伝い

葬儀場としておなじみのベルコ会館でスタッフ募集をされる際に、モカをイメージキャラクターとして起用していただき、フリーペーパーなどで広報のお手伝いをさせていただきました。ベルコ会館さんでは各分野の専門スタッフの方々がひとつとなり、心からの御見送りをトータルサポートされています!

第60回 こたん祭り

昭和33年から続くアイヌ文化伝承のお祭り!

毎年9月(春分の日)に開催されているこたん祭りは2017年で60回を迎えました。会場の神居古譚はアイヌの人々の聖地であり、数々の伝説が残されています。景勝地でもある神居古譚の魅力や地域農産物PRやアイヌ文化の伝承を目的としたお祭りのPRにモカを採用していただきました。

旭川美少女図鑑 様

リアルモデル feat. バーチャルモデル

第60回こたん祭りと併せて、モカプロは神居古譚を舞台に”旭川美少女図鑑”さんとのコラボレーションが実現しました。旭川を代表する美少女のみなさんとコラボした作品は私たちにとっても大きな思い出となりました。またどこかでコラボできたらいいな〜(その時は私がセンター!・・・なんてね)

クールあさひかわフェスタ

櫻子さんの聖地旭川で開催されたカーニバル!

『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』シリーズの舞台でもある旭川市で、2016年の冬まつりと併せて開催されたクールあさひかわフェスタでは、旭川のご当地キャラクターとして参加させていただきました。マルカツデパート特設会場ではモカプロブースも設けさせていただきアニメの主演声優さんによるトークショーにもちょびっとだけ華を添えさせていただきました!

フリーペーパー『アプカシズム』

歩いて知る、旭川中心街の”らしさ”を探す旅!

旭川大学吉田ゼミナール 旭川まちなかイベント実行委員会のみなさんが企画・制作をされたフリーペーパー『アプカシズム』でカバーモデルをさせていただきました。アイヌ語で「歩く」を意味する「アプカシ」をタイトルに冠し、今もなお古き良き風情を残す中小路にフィーチャーした16Pというボリューミーな内容で制作されました。モカプロではアプカシズムのコンセプトに沿った動画制作もさせていただき、街中の魅力再発見に参加しました!